治療に使う「白い」素材Material

「白い」だけじゃない、形にもこだわった治療

歯をきれいに見せるために、治療時に使用する詰め物や被せ物に「白い」素材を使用することがあります。

例えば、セラミックやジルコニアと呼ばれる素材がその代表で、実際には金属と組み合わせて使用することもあります。こういった「白い」素材で人工歯を作れば見た目の色はきれいになりますが、当院はそれにプラスして以下の点も重視しています。

歯の健康状態から改善する

お口の中のコンディションが悪ければ、せっかく良い素材を使って治療しても、機能が不十分であったり長く維持していったりすることはできません。特に、大人になると歯周病のケアをきちん続けていき、歯の根元からしっかりと支えられる歯を維持することが重要になります。当院は歯周病治療にも力を入れていますので、患者様のお口の状態に合わせて、しっかりと健康面のケアも行っていきます。

加工と接着性も追求します

「こういうものを作ればいい」と決めても、それを本当に作ることができるかどうかは別問題です。当院は信頼のできる技工所と連携を取りながら、必要な情報をきちんと共有して、可能な限り精密に加工ができる体制を整えています。さらに、できあがったものをきちんとお口の中に装着するのも大事な要素です。こちらは、当院の歯科医師が責任を持って、見た目や機能や耐久性まで考慮した接着を行っています。

素材紹介

詰め物や被せ物やラミネートベニアに使う主な素材を紹介させて頂きます。

どの素材を使うかは、患者様とよく話し合った上で、審美面・機能面・経済面などを全て考慮してお選び頂くようにしています。

ジルコニア

「白さ」と「丈夫さ」を実現した、比較的新しい素材です。変色や破損の心配はほとんどありませんが、細やかな色合いの調整は難しいため、前歯に使用する時は他の材料と組み合わせて加工します。

e-max

セラミックは透明感もあり美しく仕上がるのですが、以前は破損しやすいという欠点がありました。それを改善した新しい素材がe-maxです。天然の歯にかなり近い色合いを実現できます。

メタルボンド

外側はセラミックでできていますが、内側に金属を使用して強度を高めています。言わば、セラミックと金属の「いいとこ取り」をしたもので、広く使用されています。

ファイバーコア

歯の治療内容によっては、土台にも加工したものを使用することになります。ファイバーコアはグラスファイバーの繊維を束にした素材で、従来の金属コアで問題となっていた、歯の根っこへの負担や歯茎の変色を解消できます。

治療例

before

after

before

after

before

after

クリーニング ホワイトニング インプラント 審美歯科 ブログ